【海外芸能】セレブゴシップニュース

海外セレブの芸能ニュース、その他ゴシップニュース

sponsoredlink

ビル・ワイマン、久々ローリング・ストーンズとレコーディング

ロックンロールバンド「ローリング・ストーンズ」の元ベーシスト、ビル・ワイマンがかつての盟友と久々にレコーディングした
これはローリング・ストーンズの結成前からピアニストとして活動をともにしていた、”6人目のストーンズ”故イアン・スチュワートのトリビュートアルバム発売のため。

イアン・スチュワートはストーンズの正式メンバーにはならなかったが、そのプレイ、そして人柄の良さからメンバーに愛され、”6人目のストーンズ”としてストーンズを影で支えて続けたが1985年に心臓発作で亡くなった

ビル・ワイマンは1992年にストーンズを脱退したがアルバムのため、再びストーンズとともにレコーディングを行った。
ストーンズのファンサイト「iorr.org」によると、ストーンズはボブ・ディランの「Watching The River Flow」をレコーディング、アルバムではその他キース・リチャーズが3曲でギターをプレイ、ミック・ジャガーは1曲でボーカル、ハーモニカを演奏しているという

アルバムにはストーンズの他にPJハーヴェイ、ジュールズ・ホランドらが参加、プロデュースはストーンズのアルバムでおなじみのグリンジョーンズが担当している
イアン・スチュワートトリビュートアルバム『Boogie For Stu』は3月9日に発売、売り上げは心臓病の研究予防を支援する団体「British Heart Foundation」に寄付されるという




Tag: >> 海外芸能情報
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ 人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
sponsoredlink
姉妹サイト